うつ病は、ストレス社会が生んだ現代病のように思われている人が多いですが、実は昔からある病気です。そのときは、我々はうつ病にはっきり認識がありませんでした。今、さまざまな原因で、うつ病で毎年自殺する人数が急に増加しています。これは事実です。人間はうつ病によるパニックに陥ります。原因は自殺人数の増加及び、これは特定の人がかかる病気ではなく、誰でも、かかる病気なんです。それで、多くの人がうつ病が知っています。もう一つ事実のは女性が二倍もうつ病になりやすいです。

うつ病の症状は、やる気が出なかったり、物事から興味がなくなったり、おっくうな気持ちになったりという心の症状がありますけど、初めはうつ病の症状は、心ではなくほとんど体に出てくるのです。うつ病になる前に、不眠症や食欲低下などがあり、やるきがあるけど、からだが付いていない状態のは自律神経失調症と呼ばれています。自律神経失調症から、うつ状態になって、最後にはうつ病になってしまう順番です。

うつ病患者から見ると女性患者の人数が目立ちます。さらに、女性はだいたいうつ病になる傾向があるという怖い話もよく聞きました。しかし、どうして女性はうつ病になりやすいか?以下は、さまざまな原因から分析しましょう。

女性の脳は「割り込み型の脳」といわれる、同時にいくつものこと考えられる脳です。たちえば、仕事や家事をしながら、「今日のご飯はどうしようかしら?」と考えることを示します。男性は一つのことをやりながら、もう一つのことをやることが難しいタイプなんですけど、女性は生まれつき本能ように。いつも頭の中が楽しいことや嬉しいことがいっぱいだったらいいのですが、思考が何かの影響でネガティブの場合は、仕事のストレス、家事のストレス、旦那さんへのストレス、子供のストレス、
子供のお友達のお母さんとのストレス、お姑さんとのストレス、親とのストレスなど、頭もいろいろなストレスが占領してしまいます。

または、女性ホルモンのエストロゲンは、神経伝達物質のセロトニンを介して感情の調節に関わっています。このセロトニンンは、気分を明るくする、興奮や不快感が鎮める働きがあるのですが、女性はもともとセロトニンの分泌量が男性より少ないのです。月経前・妊娠・出産・更年期によってホルモンは変動して、不安になります。さらに、食事の影響で、ホルモンの変動もあります。だから、女性によって、安定な感情を保つことが大変です。
最後には、社会で女性は男性より、役割が多いです。学生から社会人・妻・主婦・妊婦・母・介護者まで男性より、負担するものがもっと多いです。特に家庭のほうで。役割の同時進行は、大きなストレスとなることが多いのです。

現在社会は女性に向けの配慮がとても少ないです。よかったら、周りの女性に手助けてください。つらい社会ので。