うつ病とは何か?
眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといったことが続いている場合、うつ病の可能性があります。うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。症状には精神症状と身体症状の両方があります。精神症状は、抑うつ気分や興味・関心の減退、思考制止などです。身体症状はほぼ必ず現れ、食欲不振や睡眠障害など自律神経症状が中心です。そして、それらが多様な組み合わせで出現するので、実像としての“うつ病”は“抑うつ症候群”と呼んだ方が正確です。

うつ病は、何らかの過度なストレスが引き金になって起こることもあると考えられています。さまざまなストレスのうちで特に多いのは「人間関係からくるストレス」と「環境の変化からくるストレス」です。例えば「身近な人の死」や「リストラ」などの悲しい出来事だけではなく、「昇進」や「結婚」といった嬉しい出来事や環境の変化から起こることもあります。

うつ病の治療の基本は、十分な休養によって心と体の疲れをとることと、薬によって神経伝達物質の異常を改善することです。さらに、考え方などを見直す精神療法を組み合わせることもあります。

・薬物療法
抗うつ薬が薬物療法の中心となります。抗うつ薬は、脳の中のセロトニンやノルアドレナリンという物質のはたらきを高めて、抑うつ気分を取り除いて気分を高め、意欲を出させ、不安や緊張、焦燥感を取り除く、といった効果を現します。

・精神療法
精神療法の中心となるのは、支持的精神療法です。患者さんの話を聞き、不安な気持ちをよく理解したうえで、症状をよくしていくためのアドバイスをしていきます。このほか、抑うつ気分につながりやすい考え方や行動の特徴に気づき、これを修正する認知行動療法も広まっています。

・十分な休養
十分な休養は、うつ病の治療でもっとも大切なものです。まずはゆっくりと休むことで、疲れきっているこころとからだをリフレッシュさせます。この期間は、家で何もしないでゆったりとして過ごすことが大切です。うつ病の患者さんは、「常に何かをしていなければいけない」、「休むことは罪だ」と考える人が多いため、なかなか休みをとろうとしません。休養によってこころのガソリンを十分に補給することで治療効果も上がります。

抗うつ薬について
うつ病薬とは文字通りうつ病を改善、治療する薬のことです。
現在日本でのうつ病薬は大体いかのような6種類あります。1はアモキサン、ノリトレン、トリプタノール、スルモンチール、アナフラニールやプロチアデンなどの三環系薬です。2は四環系の薬、代表なのはルジオミール、テミプール、テトラミドなどがあります。3は選択的セロトニン最取込み阻害薬SSRIで、4はセロトニン・ノルアドレナリン最取込み阻害薬SNRIです。また、リフレックス、レメロンなどのNaSSA薬や、デジレル、レスリンなどの薬もあります。

うつ病薬は主に躁状態や軽躁状態や不安などを抑え、睡眠導入、気分安定な作用があります。しかしこういう薬は副作用があり、また依存性も高いと言われています。うつ病と判断された場合には一般にうつ病薬に。よる治療が行われますが、典型的なうつ病でも軽症の場合は薬の効果がそれほど期待できないこともあります。薬物療法は絶対であるというわけではありません。自分には本当に薬が必要かどうかを医師に確認してから治療を受けるようにしましょう。

★うつ病の原因によって、ED勃起障害の特徴
レビトラ

★世界シェアNO1のED治療薬で持続効果は36時間
シアリス通販